高級クラブのホステスの服装ってドレスと着物どっちなの?

ホステスはお店によってドレスか着物が違う

お店の面接にパスすると、基本的にはいきなり本入店(正式入店)するのではなく、一晩体験入店で実際に仕事を体験します。
一度仕事をしてみる方が「この仕事続けてもいいかも/ホステスは無理っぽい」と判断しやすいためです。

同時にお店のスタッフも体験入店の女の子をチェックして「この子はイケそう/この子には無理か」と客観的に判断しています。

体験入店時に説明がありますが、高級クラブでは基本的にドレスや着物を着用します。
私服でOKのお店は殆どないですね。
やはり高級感を大事にしたい場所ですから、ホステス所有のキレイ目ワンピ程度では接客出来ないのです。

勤務しているお店ではホステスは全員ドレス着用と決まっていますが、お店によっては和服で接客するお店もあります。
そうかと思うとホステスが和服とドレス、好きな方を選択出来るケースもありお店によって様々。

コスチュームの違いはお店の雰囲気によりますね。
スワロフスキーのシャンデリアが煌めくお店は洋風なので基本的にはドレスですし、和風インテリアのお店は和服とお店の内装とホステスの衣装を合わせる傾向です。
ただ最近の高級クラブは洋風の内装が多いので、基本的にはドレス着用です。

ホステスがどのような衣装を着用するかはお店によって違いがあるので、面接でしっかり話を聞いてください。
ドレス着用のお店でもママやチーママは和服が多いですが、これはやはり他のホステスとの差別化です。
ママともなるとお店の顔、そして管理者ですから、それなりの威厳や風格が必要なのです。

ドレスって自前なの?

ホステスが着用しているドレスや和服ですが、これは自前であったりレンタルだったりで決まっていません。
必ずドレスや着物を購入しなさい、という決まりはないのです。

まだ駆け出しの新人ホステスの間は衣装を購入する経済的余裕がありませんので、お店の所有するドレスや和服をレンタルするのが無難ですし、わたしもそうしていました。
大きなお店ではレンタルドレスがちゃんとあります。

ただレンタルコスチュームは一度借りると数千円の経費を支払わなければなりませんので、お金にゆとりがあれば自前のドレスを購入する方がお得ですね。
ただ毎回同じドレスで仕事をするわけにはいきませんから、何種類かのドレスを揃えなければなりません。

ドレスは自前かレンタルかはお店によっても違いますので、面接時に良く聞いておいてください。
このサイトでご紹介している有名高級クラブの場合は運営企業の資本も大きく、レンタルドレスも用意しているので、いきなりドレス購入はしなくても良いはずですよ。

ドレスを買うならレンタルしよう

ドレスは1着、安いもので4,000~5,000円前後で買えます。
ですが、あまりに安いドレスは生地が薄く光沢がないため安っぽさが前面に出てしまい、高級クラブのホステスにはふさわしくありません。
もし購入するなら、有名ブランドのものでなくてもある程度生地や縫製のしっかりしたものを購入しましょう。

ただ、仕事が長続きするか分からない新人ホステスのうちに、高額なドレスをまとめて購入するのはリスクがありますよね。

そのため最初はドレスレンタルがお薦めです。
このコーナーではお薦めのレンタルショップをご紹介します。

おすすめのレンタルショップ①「Rcawaii」

スタイリストがコーディネートした服が宅配便で届くので、店舗に行く手間のないレンタルサービスが、Rcawaii(アールカワイイ)です。
スマホやPCから無料会員登録が出来ます。

このサービスは数十万点もの人気ブランドの洋服からお気に入りの洋服やドレスを選ぶ事が出来、クリーニングせずにそのまま返却出来るもの魅力。
ドレスレンタルはクリーニングして返却したり、店舗までドレスを持って行くなど何かと手間なのでとても便利ですね。

月に最大12着が借り放題のスタートプランは月額9,980円とお手頃。
さらに汚しても安心保障付きで、最大24着借り放題のプランは19,980円とかなり割安です。

一か月だけの利用もOKなので、新人ホステスのうちはレンタルサービスを上手に利用するとお得ですよ。
もちろん出勤用のドレスだけではなく、お出かけに使えるキレイ目ワンピや浴衣、デート用の洋服やスーツなどジャンルを問わず借りられます。

「Rcawaii」を利用するメリット
・クリーニングせずにそのまま返却可能
・ドレスや洋服借り放題のお得プランあり
・短期の利用OK

おすすめのレンタルショップ②「ドレスショップ goro」

高級クラブはお店によってはドレスをレンタルしてくれますが、洋服のサイズが合わなかったり汚れが付いている事もあるんです。

そこで新人の頃、私が良く利用していたレンタルショップが「ドレスショップ goro」でした。
新橋駅から徒歩5分ちょっとの場所にあり、お店に出勤する前にサッとドレスを借りてお店に直行。

こちらのお店はドレスに特化しているので、煌びやかなロングドレスはもちろん、ミニドレスやチャイナドレス、スーツなどお店で着用出来るドレスがかなり揃っています。

レンタル料も900~1,500円と割安でとても便利。
ただドレスを酷く汚してしまった場合、状況によっては買取しないといけないケースもあるので要注意です。

「ドレスショップ goro」を利用するメリット
・ドレスに特化したサイトなので種類が豊富
・新橋駅から徒歩5分の駅チカ
・レンタル料が割安

高級クラブのホステスなら身につけておくべき技術

高級クラブのホステスが身につけておくべき技術

高級クラブのホステスは、お客様を何度もお店に呼び込むための技術を身に付けていなければなりません。
その一つに「微妙な心の距離を保つ」事が挙げられます。

ホステスとお客様は付かず離れずの関係。
ベッタリ仲良くなるのも良いのですが、飽きられるのも早いです。

「もっと彼女の事が知りたいな」「もっと話がしたい」と思われるような接客をするのが基本。
ではさらに細かい技術についてご説明しましょう。

絶妙な心の距離感を保つ

ホステスとお客様がベッタリ仲良くなるのは良いのですが、あまりにも近づきすぎると「〇〇さんはもっと優しい人だと思っていたのに違った」「〇〇ちゃんはもっと僕の話を聞いてくれる人だと思っていたのに、イメージ通りじゃなかった」と、上手くいかなくなる事も多いです。

熱しやすく冷めやすいお客様だと尚更ですね。

お客様と長く良い関係を構築するポイント
・近づきすぎずかと言って離れすぎない絶妙な心の距離を保つ
・ホステスが自分の事をペラペラと簡単に話してしまわない

家族構成や彼氏の有無などプライベートな事を簡単に話してしまうと神秘性がなくなってしまい「このホステスって、自分の事をこんなにペラペラ簡単に話すんだな。きっと他の顧客にも同じ事を言っているんだろうな」と思われて興味がなくなってしまいます。

プライベートな話、特に彼氏の有無などはお客様にとって興味はありますが、決して本当の事を言ってはいけません。
彼氏のいるホステスにお金を使いたいとは思いませんからね。

また家族構成や住所・本名などは簡単に話さないように。
身辺の安全上、個人情報は簡単に教えない方が良いです。
隙のあるホステスは付け込まれてしまいますので、お客様とは適度な距離感を大事にしてください。

相手の話したいことを引き出して満足させる

ホステスはお喋りするのが仕事ではなく、お客様のお話を聞くのが仕事です。
ホステスが喋るのはあくまで、お客様のお話を引き出すためのもので自分が満足するためではありません。

お客様は何か話したい事を抱えてお店にやって来ますので「何を話したいのか」お客様の言葉の端々から察する力が必要です。

もし天気の話に敏感に反応するようなら、天気の事を深堀りしてみましょう。
実は「雨が降ると何だか頭痛がするんだよ」と健康上の悩みを打ち明けてくれるかもしれません。
または週末のゴルフが雨で中止になるのが嫌なのかもしれません。

心配事や悩みなどは人に話すとスッキリするものです。
また悩みを相談すると、複数いるホステスや他のお客様から良い解決策や対応策が飛び出すかもしれません。

相手の話したい事を引き出せればそれだけでお客様の満足度は上がりますし、お客様のお話が悩みや不安であれば何か具体的な対策が出来るかもしれません。

そのためにもお客様の口調や目線、仕草などは良く観察してお客様に配慮するのが大切です。

相手の話に耳を傾ける聞く力

先ほども言いましたが、ホステスは自分が喋る仕事ではありません。

お客様のお話を聞くのが仕事です。
そのためには相手の話にきちんと耳を傾ける力が必要になります。

相手のお話を聞くフリをしながら他の事を考えていると「君はどう思うかな?」と問われた時に適切な返事が出来ません。
相手のお話を聞くにはそれなりの集中力が必要です。

リラックスしながらも耳はお客様のお話を常にキャッチ出来るよう、しっかり意識を向けておきましょう。

「ホステスの仕事なんか簡単。適当に相槌を打っていれば良い」と言うホステスもいますが、実はそんなに簡単なものではありません。

お客様からの問いかけにすぐに答えられるように、常に相手のお話に耳を傾けて話の内容を理解しておきましょう。

ホステスに大切なのは見た目よりも教養?

お客さんは見た目と同じくらいあなたの教養をみている

高級クラブに来店されるお客様は、社会的なステータスの高い方がかなり多い傾向にあります。
成功された方が多数来店されますので、人並み以上の苦労を経験された方や様々な経験から広く深い教養をお持ちの方も少なくありません。

そのようなお客様は、ホステスの表面的な美しさはもちろん、教養や知性まできちんと観察されています。
綺麗なだけでおバカなホステスでは会話が弾みませんし、白けた雰囲気になってしまいます。

多少おバカであってもユーモアや笑いのセンスがあれば場が和むのですが、知性も教養もユーモアもない女の子ではだんだん居づらくなってしまうのです。

高級クラブはママや係のホステス、ヘルプのホステスなどが集団で接客しますが、お客様によっては「〇〇ちゃんと二人きりで飲みたいな」と指名される事もあります。

指名が入ると固定客が得られる大きなチャンス!
けれどきちんとした会話が出来ないホステスは固定客が掴めず、営業成績を上げる事が出来ないためやがて淘汰されてしまうのです。

お客さんとの会話を通じて教養や知識が身についてくる

教養や知性と言っても一晩でパッと身につくものではありません。
そのため一番大事なのは「私にはしっかりした教養がない」と自覚する事かもしれませんね。

もしお客様の話題についていけない、と感じられた時は「お客様の仰る〇〇の意味がよく分かりません」と素直に言う方が良いです。

実は本当に教養のある男性は、何も知らない女性に自分の知識を教えてあげるのが大好き

特に若い女性が「分からないのですが……」と言えば、懇切丁寧に教えてくれます。
ゴルフの事が全く分からないホステスがお客様のお話でゴルフに目覚め、今ではスコア80台の猛者になったというエピソードも聞きますよ。

中高年男性の趣味や話題は、若いホステスにとって理解出来ない事もかなり多いです。
私も同じ経験がありますから、その気持ちよく分かります。

そんな時は素直に教えてもらいましょう。
お客様との会話を通じて教養や知識が身につくものなのです。
知ったかぶりが一番良くないですね。

教養を身につけるためにできること

知識や教養はお客様との会話でも身に付ける事が出来ますが、出来れば日頃から知識や教養に触れる努力をしておきましょう。
効果的な方法を3つご紹介します。

本や新聞を読む

知識や教養のある方は必ずと言っていいほど本や雑誌、新聞を読まれています。
ホステスは経済新聞を毎日熱心に読んでいますが、お客様の中には株や外国為替、世界情勢についての話題で盛り上がる方も多いので、話題に乗り遅れないように経済新聞をチェックしているのです。

他にも本を読んだり雑誌を読むと知識が増えますね。
私は村上春樹先生の小説を読むのが好きなのですが、同じハルキストの方と出会うと意気投合出来ます。
好きな作家の話で盛り上がるのも素晴らしいのですが、雑学系の本も参考になり話題になりますね。

このような知識は付け焼刃では決して身につかないので、出来るだけ日頃から本や雑誌、新聞を読んでおくと良いです。
女性誌の内容も時には話題になるので、美容室や病院の待ち時間にも雑誌を読んで気になる話題はメモしています。

様々な経験をする

私はあまり外出するのが好きなタイプではないのですが、お友達に誘われた時は一緒に買い物にいったり旅行に行くようにしています。

先日は日帰りで高尾山に登ってきました。
大した経験ではないかもしれませんが、山登りが好きなお客様から見るとホステスが登山をするのは珍しいようで話題になりましたね。

山登りは結構楽しかったので、今度はもっと本格的な山に挑戦してみたいと思っています。

山登りだけではなく、国内旅行や海外旅行、キャンプ、カラオケなどに誘われると、出来る限り都合をつけて参加するようにはしています。
やはりお客様との話題になりますし、様々な経験をしていると教養が身につくからです。

人から聞いた話だけでは説得力がないですからね。
自分の言葉で語れるのは意味があり価値があります。

積極的に挑戦したいこと例
・山登り
・旅行
・キャンプ
・カラオケ
・ボランティア
・資格取得

習い事をする

この場合の習い事は茶道や華道、日本舞踊など立ち居振る舞いを美しく見せるためのものだけではなく、英語やスペイン語など外国語を習ったり、ボールペン字を習う、絵画を趣味にするなど文化的・芸術的な事も含みます。

外国語はきちんと勉強すると接客の大きな武器になりますし、字の美しいホステスは教養のある女性に見えますね。

人間としての深みを醸し出すためにも、習い事は是非積極的に行ってください。
私は自宅でボールペン字の勉強をしています。
お客様にお手紙を出す時はかなり重宝しています。

高級クラブのホステスにおすすめの習い事
・茶道
・華道
・日本舞踊
・英会話
・ボールペン字
・ゴルフ
・乗馬
・書道
・着付け

正しく使えてる?ホステスだからこそ知っておきたい正しい言葉遣い

言葉遣い1つでホステスとしての品格が表れる

高級クラブのホステスは、富裕層や有名人、政財界の方々を相手に接客しています。

「金持ち喧嘩せず」という言葉もあるように、富裕層の方々はむやみやたらと他人に喧嘩を吹っ掛けたり、周囲の空気が重くなるような刺々しい物言いなどはしません。
穏やかで優しい方々ばかりです。

そんなお客様と接客する上で重要なのが言葉遣い。
上品で穏やかな話し方をするのが基本です。

乱暴で汚い言葉を使うようなホステスはまず失格。
ただ言葉遣いはある日急に変える事が出来ないので、日頃から丁寧で穏やかな話し方を心掛けておきましょう。

尊敬語、謙譲語、美化語はしっかり使えるようにするといいです

クラブには毎日たくさんのお客様がいらっしゃいますが、どれだけ若い方でもお客様は全て目上の方として敬い、敬意をもって接客するのが基本です。
もちろん年齢が近く仲良くなると、言葉遣いも親しみを込めた雰囲気に変えていく方が自然ですね。

ただお客様に対しては尊敬語や謙譲語を使い、「貴方を大事に思っていますよ」と言う意思を見せるのは大切。
そこで大事なのは尊敬語や謙譲語、美化語などを適切に使えるかどうかです。
では尊敬語や謙譲語についてまとめてみましょう。

尊敬語とは?

尊敬語とは相手(お客様)を自分よりも一段上の方として、相手を尊敬し立てる時に使います。

良く使われる言葉は「言う」や「来る」などの尊敬語ですね。
これらの言葉は尊敬語にするとこうなります。

・「山田様が仰いました(山田様が言いました)」 
・「佐藤様がいらっしゃいました(佐藤様が来ました)」 
・「どうぞフルーツをお召し上がりください(フルーツを食べてください)」
・「どうぞこちらのソファーにお掛けください(ソファーに座ってください)」

お客様が来店された時は、尊敬語がしっかり使えないとかなり失礼な印象を与えてしまうので要注意です。

ホステス必須の謙譲語とは?

ホステスが自分の行動や考えなどを伝える時は、相手よりも自分を一段下に置きます。

謙譲語が正しく使えないとお客様に不快な印象を与えてしまうので良く勉強しておいてください。

良く使う謙譲語に「食べる」や「受け取る」などがあります。
ホステスは仕事柄、食事やお酒を奢って頂いたりプレゼントやチップをもらう事も多いので、受け身の謙譲語は是非マスターしておきたい所です。

・「山田様からチップを頂き(頂戴し)ました(山田様からチップをもらいました)」
・「お酒はもう十分頂きました(お酒はもう十分飲みました)」
・「その時計、拝見してもよろしいですか?(その時計を見ても良いですか?)」
・「そのトラブルの事はうかがっております(そのトラブルの事は聞いています)」
・「先生のご意見を拝聴させてください(先生のご意見を聞かせてください)」

このように、使うシーンはかなり多いです。
つまり謙遜語はホステスとして働く上で非常に大事な言葉遣いという事になりますね。
しっかりマスターしておきましょう。

美化語とは?

美化語とは分かりやすく言うと、話し手がその言葉遣いを上品で丁寧だと感じさせるための言葉遣いです。

例えば「飯が食いたい」と言うとかなり乱暴な人物のように思えてしまいますので、お店では決してこのような言葉遣いはしないでください。

美化語では「ご飯をください」や「お茶をください」と言い替えが出来ます。
このような表現すればグッと丁寧になりますね。

美化語は丁寧な表現にするために「お」や「ご」を付けて表現する事が多いです。
例えば先ほどの飯は「ご飯」、茶は「お茶」にすると丁寧に聞こえますし、薬は「お薬」に、野菜は「お野菜」、米は「お米」などにすると美化語になります。

ただ何にでも「お」や「ご」を付ければいいと言うわけではありませんし、ホステスは美化語よりも尊敬語や謙譲語をきちんと使い分ける方が大事です。

美化語はお客様に使うのではなく、店舗スタッフとの会話で用いるために使うようにしています。
店舗スタッフにも気遣い出来る女性こそ「デキるホステス」ですよ。