高級クラブのシステムってどういう感じなのか説明してみた

高級クラブは永久指名制度

高級クラブでは、お客様の接客に対して「永久指名制度」と呼ばれる制度を採用しています。
水商売のお店と言えば広く認知されているのがキャバクラでしょうか。

ところが高級クラブとキャバクラとでは接客の方法に大きな差があります。
高級クラブでの接客制度を分かりやすくご説明するために、キャバクラとの接客を比較してみましょう。

高級クラブ お客様は指名のホステスを自由に選べない。
一度決まった担当ホステス(係り)は基本的に変更できない。
キャバクラ お客様は指名のキャバクラ嬢を自由に選べる。
途中で何度でも変えて良い。

会員制高級クラブの場合は、必ず他のお客様からの紹介で新規様が来店されます。
その時、新規のお客様は「指名したいホステス」を自ら選ぶ事は出来ません。
基本的に、紹介してくれた人の係りのホステスがそのまま自分の担当ホステスになります。

こうなるとお客様側からすれば不満が出そうですね。
「どのホステスを指名するかくらい、自由にさせてくれ」と言いたくなるでしょう。

ところが高級クラブでは永久指名制を採用しており、最初に指名されたホステス、実は実態は「お客様のお世話係」。
ずっとお客様の隣に座って接客し続けるわけではなく、担当するお客様にどのホステスを配置するか、管理監督する立場なのです。

ですから「今日は新入りの奈々ちゃんと一緒に飲みたいな」「裕美ちゃんが気に入ったから、今日は彼女とアフターに出掛けたいんだが」と言えば可能な限り要望を叶えてくれます。
お客様から見れば指名ホステスは便利な存在なのです。

もちろん担当ホステスから見ても、永久指名制は美味しい制度です。
まず永久指名ですから他のホステスとお客様の奪い合いにならない点がメリットです。

またお客様が他のホステスを指名したとしても、そのホステスの売上が担当ホステスに流れ込んで来るのが大きな特徴。

例え担当ホステスがお店をお休みしたとしても、お客様の売り上げがしっかり懐に入ってくるのでとてもメリットのあるシステムなのです。

高級クラブは会員制

高級クラブは会員制のお店も多くなっています。
会員制店舗は、身元のハッキリしない顧客や社会的なステータスの低い顧客はお店の入り口でお帰り頂きます。

お店の入り口でお客様の選別を行っているわけですね。
大変失礼な事のように思えますが、勤務しているホステスやママにとってはありがたいシステムです。

高級クラブはお店の格式も重要ですが、それと同等に重視しているのが顧客の質です。
お客様の質が悪いと、酔っ払って隣のソファーに座っているお客様に喧嘩を売ったり、ホステスの体に触っても平気なお客様が増えます。

そうなるとお店全体が騒がしく刺々しい雰囲気になり、とてもゆったり会話やお酒を楽しむ事が出来ません。

そこでホステスなどのお店のスタッフはもちろん、お客様やお店の雰囲気を守るためにも、入店するお客様を選ばせて頂いているのです。

選ばれたお客様のみを接待するため、モラルや社会的ステータスの低い方、綺麗なお酒の飲み方が出来ない方は入店出来ず、結果的に店内はトラブルが少なく快適に過ごせるようになっています。

高級クラブの料金システム

高級クラブの料金は意外と複雑です。
ここでは高級クラブの料金システムについてまとめてみたいと思います。

まず来店して最初に掛かる料金ですが、これは「セット料金」と呼ばれます。
だいたい90分1セットになっている所が多いのですが、中には2時間1セットや1時間1セットの所もあります。

セット料金には座席料とおつまみ(チャーム)の料金が含まれており、勤務しているお店ではミネラルウォーターの代金も含まれています。
別のお店ではミネラルが別料金という事もあるので、この辺りはお店によるようですね。

座席とおつまみ、ミネラルウォーターを確保しても、肝心のお酒がないと始まりません。
新規のお客様は必ずボトルを注文されます。

このボトルオーダーですが、安いお酒でも1本2~3万円、高い物になると1本10万円以上のボトルもあります。
お金を節約しようとすれば極力安いボトルをオーダーするしかありませんが、高級クラブに来店されるお客様はあまり値段を気にせずにボトルオーダーされます。

セット料金では90分が一般的ですが、もしお店に90分以上居ると延長料金(タイムチャージ)が加算されていきます。
30分おきに加算され延長料金は30分で3,000~5,000円が一般的です。

さらにボーイに支払うボーイチャージやホステスに支払うホステスチャージなどが加算されますし、お寿司の出前などを頼むとそれら料金がしっかり加算されます(当然銀座価格です)。

さらに合計金額にサービス料金が上乗せされ、最終的な支払金額が計算されます。

銀座では1人最低でも10万円の料金が掛ると言われていますが、このような調子でアレコレと料金が加算されると、あっという間に20万円・30万円と料金が跳ね上がってしまうのです。

高級クラブでは1人のお客様に2~3名のホステスで接客するのが基本です。
複数ホステスで接客するメリットは以下の通りです。

・担当ホステスやママの会話を聞き、ヘルプのホステスが勉強できる
・連係して接客できるので話下手なホステスも安心して接客できる
・ホステス同士の連帯感がアップし和気藹々とした雰囲気が醸し出せる

お客様からしてみても、いつも同じ担当ホステスが接客するのでは飽きてしまいますね。
担当ホステスが睨みを利かせつつ、新しいホステスやお気に入りのホステスを混ぜてお客様を飽きさせないようにするのが高級クラブの接客なのです。

この時、担当ホステス(係のホステス)と対照的なのがヘルプのホステスです。
彼女達はまだ経験が浅い、または派遣会社所属のホステスで見習いや一時的にお仕事をお願いしている存在。

まだ係のホステスとして活躍出来るだけの経験がありません。

そのため最初は担当ホステスやママの下に就き、色々なお客様の間を行ったり来たりして接客の勉強をさせてもらいます。
わたしも最初はヘルプから始まりました。