高級クラブのホステスに求められるものって?

ホステスに求められるもの1. どんなことでもある程度会話できる「知性」

ホステスに求められる素質として、どんな事でもある程度の会話が出来る知性が必要です。

前述したように、クラブには毎日様々なお客様が来店されます。
それこそ社会的な立場には差がありますし、仕事や収入、住まい、趣味、家族構成などには違いがあります。

その違いを理解した上で、そのようなお客様にも柔軟に対応出来る臨機応変さや、様々な会話に対応出来る知性が絶対に必要です。
下ネタが好きだからと言って政財界の重鎮にいきなり品のない話をすると場違いですし、最悪「あの子は品がない」と思われてしまいます。
(もちろん中には品のない会話が好き、と言う方もいらっしゃいますが)

相手を見ながら、最初は無難な会話からだんだん個人的な話に進めていければ理想です。
例え表面的な会話だとしても、様々なお客様と色んな会話をしなければならないので気疲れするのは確か。

でも楽しそうにされているお客様の笑顔を見るとこちらも頑張れますし、様々な立場のお客様から教えて頂ける事も多く、ホステスは知識欲を持つ女性や教養を深めたい女性にはピッタリのお仕事です。

そのためには日頃から色んなニュースや話題に接するのはもちろん、他のホステスとの会話のキャッチボールや連携プレーが出来るかどうか、どんな会話にも柔軟に対応出来るかどうかが大切。
つまり知性のある女性なのかどうかが常に試されているのです。

ホステスに求められるもの2. お客さんを明るく迎え入れる「社交性」

ホステスはお店の顔。
そんなホステスが暗い顔をして俯いていてはいけません。

お客様がご来店されるとわたし達は「いらっしゃいませ」と明るい笑顔でお出迎えします。
「どうぞ、心ゆくまでお寛ぎください」と笑顔で対応するのはもちろん、お客様がどんなに荒れた気持ちでいても明るく対応しています。

もちろんホステスも人間ですから「昨日、彼氏と喧嘩をしてイライラしてる」という日もあります。
けれどそれはあくまでもホステスの事情。
お客様には一切関係ありません。

ホステスとしてお店に立てば、わたしはいつも笑顔で明るくお客様に接するように心掛けています。

そのせいか「ほなみちゃんはいつもニコニコしていて、とても幸せそうに見える」と仰って頂けています。
他のホステスも明るく優しくお客様を迎え入れていますので私だけがニコニコしているわけではないのですが、やはり笑顔は大きな武器になりますね。

もし銀座や六本木の高級クラブで働きたいのであれば、自分の感情で接客するのではなく、まず笑顔でお客様に接する事。
明るさや社交性を忘れない事です。
「どんなお客様がご来店しても、私は明るくお迎え致します」の気持ちが大切です。

ホステスに求められるもの3. 相手の伝えたい気持ちを汲める「忖度」

ホステスはお客様の言葉遣いや目線、仕草などの絶えず観察しています。

会話の途中で「それはちょっと……」とお客様が表情を曇らせたなら、その小さな変化を見逃さないでください。
その時の話題が家族の事であれば、それ以上深堀りしない忖度が必要ですね。

先日、とあるお客様と「どのような趣味をお持ちなのですか?」と言うお話をさせて頂きましたが、「いやあ……。あまり人に言えるような趣味じゃないんですよ。恥ずかしい趣味なんです」と声が小さくなりました。

でも私をじっと見て話を聞いて欲しそうにされていたので「お客様のお話にとても興味があります。もしよろしければお話を聞かせて頂けませんか?」と促すと、お客様はアニメや漫画、フィギュアなどがお好きで「でも大の大人の趣味じゃないので恥ずかしい」と言いながら、好きなアニメのお話をされました。

アニメや漫画の事はあまり詳しくないのですが、お客様が楽しそうにお話されているのを見るとこちらも楽しく、結局50分近く趣味のお話をお聞きしていました。
お客様は「きちんと話を聞いてくれて本当に嬉しかった。他のお店だとなかなか喋れないんだ」と仰り、次もボトルを入れてゆっくり過ごしたいと満足されたようでした。

お客様の声色や目線、仕草などをチェックしながら、どの話題を深堀りするか、それともスルーするかはある程度ホステスの力量に掛かっています。
お客様が満足されるかどうかは「ホステスの忖度力」に掛かっているのです。

ホステスがお客さんとアフターする時のポイントと注意点

アフターのポイント:待ち合わせ時間や場所は自分で決める

これは六本木の高級クラブだけではなくキャバクラにも同じ事が言えるようですが、アフターと呼ばれる営業があります。

お店がクローズした後はホステスもお客様も素直に帰宅するように思えますが、実はそうではありません。
時にはお客様とホステスが場所を変えて一緒に食事をしたりお酒を飲む事があります。

「閉店後になぜお客様と付き合わないといけないの?」と思ってしまいますが、特に普段からご贔屓にして頂いている太客や「今後、良いお客様になってくれそうな方」などは、営業時間外(閉店後)にお客様と一緒にお酒を飲んだり食事にお付き合いする事があるのです。

ホステスの世界の時間外労働(残業)のようなもの。
ただし割り増し時給は一切支払われません。

「何だか損」と思うホステスも多く、中には「絶対にアフターには行きません」と言う方もいます。
けれどアフターで一緒に過ごしたお客様は、その後、特に贔屓にして下さる可能性がアップするのも事実。
残業してでもお付き合いしたいお客様もいる、という事です。

CHECK
待ち合わせ場所や時間はホステス主導で決めること。

もしお客様主導で決めてしまうと、お店から遠い場所を指定される可能性もあります。
下手をするとアフターが終わって帰宅したら明け方になっていた……という事もありますので、必ずお客様と会うお店の場所や時間はホステスが決めてください。

アフターのポイント:お店から近いところを選ぶ

アフターは出来るだけお店から近い場所を選ぶのが無難です。
もしお店から遠い場所を選んでしまうと、移動するまでに時間が掛かってしまいお客様との交流のために時間が取れなくなってしまいます。

いつも似たようなお店では飽きてしまうように思えますが、そこはホステスの話術でカバー。
大切なのは高級店でお酒を飲んだり食事をする事ではなく、お客様とホステスとの交流です。

今後もお店やホステスを贔屓にして頂けるよう、しっかり営業します。
ホステスの中にはアフターでお客様とお喋りするのが大好き、と言う子もいますが、あまりにもアフターにお付き合いしすぎると、今度はお客様がホステスと店外で会おうとしてきます。

お客様としては高い料金を払ってお店でホステスと飲むよりも、安い食事代でホステスと会話が楽しめる方が「お得」なのです。
ホステスは自分を安売りしないためにも、毎回色んなお客様のアフターに際限なく応じるのではなく、相手を見極める必要がありそうですね。

高級クラブの場合は、ママや係のホステスから「今日は〇〇様とアフターをお願いします」「今日はこのまま帰って良いですよ」と指示される事も多いです。

ヘルプの女の子はお客様との会話の内容を係のホステスに連絡しなければならないので「〇〇様からアフターの申し込みがありました」とすぐに報告してください。

もしOKが出ればどのお店を使えばいいのか、何時頃から何時頃までお付き合いすればいいのかなどの細かい指示が出ます。
場合によってはママや係のホステス同伴でアフターにお付き合いする、という事も有り得ます。

ヘルプのうちは自分の個人的な判断を優先しないようにしましょう。
高級クラブは連係プレーが基本です。

CHECK
アフターはただお客さんと美味しいご飯を食べる場ではなくお客様と交流しながらしっかり営業する場です。
他のホステスやママと連携しながらアフターをする事が基本。

注意点:個室や車など2人きりになるところは避ける

もしもお客様と2人きりでアフターを楽しむなら、まず2人きりになる場所は避けてください。
例えば以下のような場所は危険です。

・カラオケボックスの中
・車の中
・人目が届きにくい個室形式の飲食店
・暗い高架下

 

車は移動手段として「一緒に乗らないか?」と誘われる事もありますが、絶対に同乗しないでください。
どこに連れて行かれるかわかりません。

高級クラブのお客様ですからわけの分からない事はしないと思われますが、相手は男性ですので隙を見せると危険です。

ホステスと言っても一人の女性。
まずは自分の身を守る事が重要です。

CHECK
どんなになじみのお客様でも、相手が男性な限り何が起こるかわからないことを肝に銘じましょう。

未経験者必見!高級クラブのホステスとしての接客のコツ

ホステスの接客術1. 上品な言葉遣いを心がける

先日、お客様とレストランで食事をご一緒している時に、隣のテーブルに座っている女性が「え?今日は奢ってくれるんですか?ご飯、タダで食って良いんですか?」と喜んでいる姿を見ました。

とても可愛らしい若い女性だったのですが、「タダで食って良いんですか?」と言う言葉があまりにも乱暴で、とても同じ女性が話しているように思えませんでした。

普段どれだけ上品そうに振舞っていても、普段から使っている言葉は誤魔化しようがありません。
とっさに乱暴な言葉が出てしまうのです。

ホステスの仕事も同じです。
急に高級店で仕事をし始めたからといって、普段から使う言葉が汚く乱暴だとお店でも同じような言葉を使ってしまいます。
これは1日・2日程度では矯正出来ません。

もし今後、高級クラブで仕事をしたいと考えているなら、せめて外に居る時は出来るだけ上品で丁寧な言葉遣いを心掛けてください。
普段から使っている言葉は誤魔化せません。
面接でも言葉遣いが乱暴な女の子は不採用になってしまいます。

ポイント
言葉遣いは毎日の習慣が反映される。
普段から美しい言葉で話す習慣をつけましょう。

接客術2. 世の中のできごとにアンテナを張る

お店には毎日様々なお客様が来店されます。
会社の重役クラスの方はもちろん、中には文化人、有名人、スポーツ選手に政財界の方など様々な方面で活躍されている方がお店にやって来られます。

そんな方々を相手に楽しくお話をしなければならないため、たくさんの話の引き出しを作っておく必要があります。

ネットニュースをチェックして、世間を騒がせているニュースは必ず頭に入れておきましょう。
政治や経済方面のニュースも当然チェックしますし、芸能や時事ニュースも目を通しておきます。

お堅い会社の方だからと言って難しい話ばかりではないのですが、「君、最近こんなニュースを知ってるかい?」と話題を振られて「全く存じ上げません」では困りますから、ある程度の知識は頭に入れておく方が良いのです。

もちろん知らなければ知らないでお客様は楽しそうに教えてくれますけれど、「時事問題なんて何も知りません。興味ありません」ではお客様もつまらないですよね。

世の中の出来事に常にアンテナを張り、話題のきっかけになるように話のネタを準備しておくと、いざと言う時に困りません。

ポイント
いざという時の為に話題のネタや情報はなるべく多く頭に入れておく。
共通の話題で楽しく会話できるようにしておきましょう。

接客術3. 話すよりも「聞く」を意識する

個人的な意見ですが、お店に来店されるお客様の多くが「ホステスに知らない事を教えてあげたい」「ホステスに自分の話を聞いてもらいたい」と思っています。
もちろんホステスの意見を聞いたりされるのも楽しみなのですが、やはり一番は「自分の話を聞いてもらいたい」のです。

ですから「ほなみちゃん、今日も綺麗だね」と言われたらすかさず
「ありがとうございます。〇〇様も、今日は素敵なネクタイとスーツをお召しですね。もしかしたら、高級ブランドですか?まあ、素敵ですね」
と褒めてスーツやネクタイの話が出来るように話題を相手に振ります。

もし新調したシーツやネクタイの話がしたいならそこでしばらく話が弾みますし、本人がスーツの事に触れたくないなら「まあ、そうだね。ところでほなみちゃん、先週ロスに出張に行っててね。実はお土産があるんだよ」と話題が切り替わればスーツの話にはそれ以上触れる必要はありません。
何らかの事情で本人が語りたくない話もたくさんありますからね。

その場その場の状況により、臨機応変に話題を変えていきましょう。
アレコレと話題を振るうちに、お客様が前かがみになって熱心に語ってくれる話題に引っ掛かります。

そのお話を楽しくお聞きする、それがホステスの役割です。
気持ちよく喋るのはホステスではなくお客様なのです。

ポイント
お客様の「話したい欲」「聞いてほしい欲」を満たす。
一緒にいると居心地が良くて何でも話せてしまう”聞き上手なホステス”を目指しましょう。

高級クラブに勤めてるホステスの仕事内容ってなにがあるの?

ホステスの仕事内容

銀座や六本木の高級クラブのホステスの仕事と言っても、特殊な芸を披露したり女芸人も舌を巻くほどのコントを披露する事はありません。
お客様の接客がお仕事のメインで、接客の流れはある程度決まっています。

仕事内容は以下の項目で細かくご説明しますが、ホステスが一番に心掛けるものは「お客様に心から楽しんで頂く」という事。
そのためにテーブルマナーや美しい立ち居振る舞い、言葉遣いがあります。

ただ何となく上品なフリをしていても「お客様を楽しませよう/楽しんで頂こう」という気持ちがなければ何にもなりません。
その基本をしっかり念頭に置いてくださいね。

お客さんと会話をして楽しませる

ホステスの大事な仕事の一つに「会話でお客様を楽しませる」事があげられます。
基本的にお客様が高級クラブに求めているものは、ホステスとの楽しい時間です。

その楽しさを演出するのは、やはり会話。
お客様が「居心地が良くて楽しい」と感じられるためには、この会話が重要なのです。

お客様との会話を盛り上げるためには、ホステス同士のチームワークが欠かせません。
上手く会話をリードするホステスだけではなく、褒め上手で可愛いタイプのホステス、テーブルの上をマメに掃除する気の利くホステスなど様々なタイプのホステスで場を盛り上げます。

クラブはチームワークが基本なので話下手な女の子でもなんとか誤魔化せますが、係のホステスにステップアップしようと思うと、ただ笑顔で話を聞くだけではなく、上手に話題を振る方法を覚えていかなくてはなりません。

お酒をつくる

ホステスの大事な仕事にお酒作りがあります。
お酒を作ると言っても難しいカクテルを作るために、シェイカーを振り回す必要はありません。

そのような仕事はバーテンの役割。
ホステスはお客様の要望通り、焼酎やウイスキーの水割りやお湯割り、ソーダ割などを作るのがお仕事です。

ただ「水割りを作りなさい」と言われてもいきなり出来る事ではないので、新人のうちは開店前などに研修を行います。
水割りやお湯割りの作り方、シャンパンやワインへ正しいお酒の注ぎ方などを教えてもらいます。

わたしの勤務するお店の場合
シャンパングラスやワイングラスが非常に薄いので、乾杯の挨拶はグラス同士を絶対にぶつけ合わない決まりになっています。
グラスが割れるとお客様がケガをする可能性があり、大変危険ですからね。

その他、ホステスが覚えなければならないルールを頭に入れた上でお酒を作るのですが、最初はやはり失敗してしまうこともあります。
ただ「失敗するのが初々しくてとても良い」と喜ぶ方が多いので、最初の内は多少の失敗などは気にしなくて大丈夫ですよ。

立ち振る舞いは「高級感」を意識することが大事

高級クラブのホステスとして勤務する以上、やはり意識して頂きたいのは高級感です。
お客様は高いお金を払って来店されている方ばかりですから「あの子、何だか失礼な態度だな」と思われるようでは失格です。

立ち居振る舞いには基本や上品さを、言葉遣いも出来るだけ丁寧に対応出来るように心掛けています。
先輩の中には、茶道や華道、日本舞踊などを習っている方もいますし、そういう方は背筋がシャンと伸び、立ち居振る舞いもかなり綺麗です。

わたしは日本舞踊や茶道などは習っていませんが、先輩の立ち居振る舞いや歩き方、喋り方などを見習って出来るだけ彼女に近づけるように心掛けています。

見た目は芸能人並みの綺麗なホステスでも、猫背で顎を突き出して歩いているのを見るとガッカリしてしまいますね。

お店にいる間は常にお客様に見られているわけですから、どこからどうチェックされても良いように、身だしなみはもちろん、歩き方、座り方、話し方に上品さが感じられるように心掛けています。

高級クラブのシステムってどういう感じなのか説明してみた

高級クラブは永久指名制度

高級クラブでは、お客様の接客に対して「永久指名制度」と呼ばれる制度を採用しています。
水商売のお店と言えば広く認知されているのがキャバクラでしょうか。

ところが高級クラブとキャバクラとでは接客の方法に大きな差があります。
高級クラブでの接客制度を分かりやすくご説明するために、キャバクラとの接客を比較してみましょう。

高級クラブ お客様は指名のホステスを自由に選べない。
一度決まった担当ホステス(係り)は基本的に変更できない。
キャバクラ お客様は指名のキャバクラ嬢を自由に選べる。
途中で何度でも変えて良い。

会員制高級クラブの場合は、必ず他のお客様からの紹介で新規様が来店されます。
その時、新規のお客様は「指名したいホステス」を自ら選ぶ事は出来ません。
基本的に、紹介してくれた人の係りのホステスがそのまま自分の担当ホステスになります。

こうなるとお客様側からすれば不満が出そうですね。
「どのホステスを指名するかくらい、自由にさせてくれ」と言いたくなるでしょう。

ところが高級クラブでは永久指名制を採用しており、最初に指名されたホステス、実は実態は「お客様のお世話係」。
ずっとお客様の隣に座って接客し続けるわけではなく、担当するお客様にどのホステスを配置するか、管理監督する立場なのです。

ですから「今日は新入りの奈々ちゃんと一緒に飲みたいな」「裕美ちゃんが気に入ったから、今日は彼女とアフターに出掛けたいんだが」と言えば可能な限り要望を叶えてくれます。
お客様から見れば指名ホステスは便利な存在なのです。

もちろん担当ホステスから見ても、永久指名制は美味しい制度です。
まず永久指名ですから他のホステスとお客様の奪い合いにならない点がメリットです。

またお客様が他のホステスを指名したとしても、そのホステスの売上が担当ホステスに流れ込んで来るのが大きな特徴。

例え担当ホステスがお店をお休みしたとしても、お客様の売り上げがしっかり懐に入ってくるのでとてもメリットのあるシステムなのです。

高級クラブは会員制

高級クラブは会員制のお店も多くなっています。
会員制店舗は、身元のハッキリしない顧客や社会的なステータスの低い顧客はお店の入り口でお帰り頂きます。

お店の入り口でお客様の選別を行っているわけですね。
大変失礼な事のように思えますが、勤務しているホステスやママにとってはありがたいシステムです。

高級クラブはお店の格式も重要ですが、それと同等に重視しているのが顧客の質です。
お客様の質が悪いと、酔っ払って隣のソファーに座っているお客様に喧嘩を売ったり、ホステスの体に触っても平気なお客様が増えます。

そうなるとお店全体が騒がしく刺々しい雰囲気になり、とてもゆったり会話やお酒を楽しむ事が出来ません。

そこでホステスなどのお店のスタッフはもちろん、お客様やお店の雰囲気を守るためにも、入店するお客様を選ばせて頂いているのです。

選ばれたお客様のみを接待するため、モラルや社会的ステータスの低い方、綺麗なお酒の飲み方が出来ない方は入店出来ず、結果的に店内はトラブルが少なく快適に過ごせるようになっています。

高級クラブの料金システム

高級クラブの料金は意外と複雑です。
ここでは高級クラブの料金システムについてまとめてみたいと思います。

まず来店して最初に掛かる料金ですが、これは「セット料金」と呼ばれます。
だいたい90分1セットになっている所が多いのですが、中には2時間1セットや1時間1セットの所もあります。

セット料金には座席料とおつまみ(チャーム)の料金が含まれており、勤務しているお店ではミネラルウォーターの代金も含まれています。
別のお店ではミネラルが別料金という事もあるので、この辺りはお店によるようですね。

座席とおつまみ、ミネラルウォーターを確保しても、肝心のお酒がないと始まりません。
新規のお客様は必ずボトルを注文されます。

このボトルオーダーですが、安いお酒でも1本2~3万円、高い物になると1本10万円以上のボトルもあります。
お金を節約しようとすれば極力安いボトルをオーダーするしかありませんが、高級クラブに来店されるお客様はあまり値段を気にせずにボトルオーダーされます。

セット料金では90分が一般的ですが、もしお店に90分以上居ると延長料金(タイムチャージ)が加算されていきます。
30分おきに加算され延長料金は30分で3,000~5,000円が一般的です。

さらにボーイに支払うボーイチャージやホステスに支払うホステスチャージなどが加算されますし、お寿司の出前などを頼むとそれら料金がしっかり加算されます(当然銀座価格です)。

さらに合計金額にサービス料金が上乗せされ、最終的な支払金額が計算されます。

銀座では1人最低でも10万円の料金が掛ると言われていますが、このような調子でアレコレと料金が加算されると、あっという間に20万円・30万円と料金が跳ね上がってしまうのです。

高級クラブでは1人のお客様に2~3名のホステスで接客するのが基本です。
複数ホステスで接客するメリットは以下の通りです。

・担当ホステスやママの会話を聞き、ヘルプのホステスが勉強できる
・連係して接客できるので話下手なホステスも安心して接客できる
・ホステス同士の連帯感がアップし和気藹々とした雰囲気が醸し出せる

お客様からしてみても、いつも同じ担当ホステスが接客するのでは飽きてしまいますね。
担当ホステスが睨みを利かせつつ、新しいホステスやお気に入りのホステスを混ぜてお客様を飽きさせないようにするのが高級クラブの接客なのです。

この時、担当ホステス(係のホステス)と対照的なのがヘルプのホステスです。
彼女達はまだ経験が浅い、または派遣会社所属のホステスで見習いや一時的にお仕事をお願いしている存在。

まだ係のホステスとして活躍出来るだけの経験がありません。

そのため最初は担当ホステスやママの下に就き、色々なお客様の間を行ったり来たりして接客の勉強をさせてもらいます。
わたしも最初はヘルプから始まりました。