銀座と六本木の高級クラブのそれぞれの特徴をまとめてみた

銀座高級クラブの特徴

高級クラブは銀座や六本木、歌舞伎町といったエリアに存在していますが、やはり高級クラブと言えば銀座。
銀座の高級クラブを検索してみると以下の特徴がわかります。

・顧客の年齢層は40~60代がメインで六本木よりも平均年齢が高い
・裕福で上品な方が多い。エレガントなおじ様が集まる

 

お店のゴージャスさや派手さに関しては銀座も六本木も互角ですが、銀座の方が年齢の高い富裕層や有名人が集まるという特徴があります。
中高年のお客様が多いため、ホステスにも知性や教養、落ち着きなどが求められる傾向です。

「若くて元気なホステスが良い」と仰るお客様も確かにいらっしゃいますが、全体的に見ると落ち着きのある知的なホステスを求める方が多いですね。
銀座の高級クラブはホステスに知性と教養、マナー、上品な言葉遣いなどが必要とされます。

銀座で有名な高級クラブ

銀座で有名な高級クラブと言えば「銀座チック」と「プルミエール」です。
どちらも高級感のあるラグジュアリーな雰囲気、そしてレベルの高いホステスが常駐する会員制の高級クラブである事に変わりはありません。

早速2つのお店をチェックしてみましょう。

銀座チック


└https://www.chick.co.jp/ginza/

銀座ですでに長い間運営され続けている正真正銘の有名高級老舗クラブ。
20年以上も「美しい女性がいるクラブ№1」として名を馳せています。

実際に所属するホステスをチェックすると、揃って美貌の持ち主ばかり。
宣材写真をしっかり撮影してくれようで、気分はまるで芸能人やモデル。
このお店をきっかけに芸能界やモデルの世界に飛び込む方もいるようで、有名になるための足掛かりにするのも一つの方法のようです。

店内は大粒スワロフスキーを贅沢に使った巨大シャンデリアや、スワロフスキーのビーズカーテンがあしらわれたバーカウンターなど、非日常的な空間でゆったり過ごせると好評。豪華な西陣織の高級帯を壁にあしらったVIPルームも完備しており、社会的ステータスの高い方がゆったり過ごせるお店となっています。

銀座チックのHPでは、ホステス求人を募集しています。
有名老舗店なので簡単に採用してもらえるわけではありませんが、待遇面・福利厚生面は他のクラブより優れています。
有名企業運営のお店なので報酬の不払いなどの心配はなし。じっくりホステスとしてのスキルを磨きたいならチックはお薦めです。

プルミエール


└https://club-premiere.com/index.html

新橋駅から徒歩3分と駅チカのお店。
店内はゴールドカラーで統一されておりとても煌びやかです。
スワロフスキーを何万粒も使ったシャンデリアはありませんが、暖色系の落ち着いた照明と清潔な店内はVIPも満足出来る美しさです。

実はこちらのお店、姉妹店に高級クラブであるシレーヌやビオラ、ルーセント、クレオールなど複数の店舗があり運営している企業もかなりしっかりしています。

有名なお店を複数運営しているので、ホステスの管理や育成についても問題ありません。
未経験者でも一から教育できる体制が出来ています。

プルミエールでは時給制・日給制の両方を採用しており、ホステス希望者の容姿や経験に応じて報酬額を決めています。
経験者優遇ですが未経験者やお酒の飲めない女性も歓迎。
お店には清楚系の女性が多く女性アナウンサーのような容姿の方が多い傾向にあります。

六本木高級クラブの特徴

六本木の高級クラブは銀座の高級クラブと同じく、店内の雰囲気はゴージャスで贅をつくした内装が自慢。
もちろん来店するお客様は富裕層の方ばかりなのは銀座と同じです。

ところが六本木の場合、六本木ヒルズに代表されるようにIT関連の企業を経営する方、起業家や投資家が多く銀座の顧客よりも年齢層が若い傾向にあります。
銀座が40~60代で、六本木は20後半~40代の方が多いように見えました。

もし「若いお客様と盛り上がりたい」と思っているなら六本木の高級クラブの方が向いているかもしれません。
またテレビ局が六本木周辺にある事から、芸能関係者が多いのも大きな特徴になります。

六本木で有名な高級クラブ

若いお客様が多い六本木の高級クラブですが、どのお店も店内内装にはかなり力を入れています。
そんなゴージャスなお店の中でも六本木チックとIXIONは頭一つ抜けている印象ですね。
今回はこの2つの店舗をご紹介しましょう。

六本木チック


└https://www.chick.co.jp/

銀座チックの姉妹店が六本木チックです。
都営大江戸線・東京メトロ日比谷線の六本木駅から徒歩5分の所にあり、立地としてはかなり便利。
銀座チックと同じくホステスのレベルは非常に高く、芸能人やモデル並みの美女がひしめいています。

エントランスやメインホールには、大粒スワロフスキー・クリスタルを贅沢に使った大型シャンデリアが煌めき、VIPコーナーやプライベートサロンではゆったりとした時間が流れます。

プライベートサロンではバーやカラオケ、ブロードバンドも完備。
誰が来店しても満足出来る空間となっています。

チックグループではホステスを随時募集しており、未経験者も応募OK。
時給は7,500円からと高額で、短期間だけの就業でも構いません。

高級クラブの仕事に興味はあっても「仕事が出来るかどうか分からない」方は体験入店も可能です。
お試しで一晩仕事をしてみて、もし続けられそうな時だけ入店するシステムです。
もちろん働いた時間は報酬が出ますので働き損にはなりません。

IXION


└http://club-ixion.jp/

六本木の高級クラブと言えばIXION(イクシオン)が有名です。
上下2つのフロアを使った贅沢な空間で、メインフロアには美しいラウンジがありたくさんのお客様が連日訪れる事でも有名。

チックグループのお店のように煌びやかな巨大シャンデリアやクリスタルカーテンなどはありませんが、お花が効果的に生けられ全体的に落ち着きのある高級感溢れる内装となっています。

メインフロアの上の階にはVIP専用のフロアがあり、マーキュリーやジュピターなどの名前が付いたVIPルーム完備。

完全個室なのでプライバシーが保てるようになっています。
顔を見られたくない有名人やスポーツ選手などにはピッタリです。

IXIONでは常時ホステスを募集していますが、容姿端麗な女性を優先的に採用しています。
年齢は20~29歳前後と年齢にも制限があります。
時給は6,000円以上、日給では30,000円以上と高額ですが、採用基準は高そうな印象です。

高級クラブの面接で注意すること

高級クラブの面接時のヘアメイクは派手すぎず上品さを感じる程度に

高級クラブの面接は、やはり上品さが大切です。
もちろんルックスは良いに越した事はありませんが、いくらモデル並みの美貌を誇る女性であっても、メイクが濃くて髪の色が派手、タトゥーが腕から見えるなど品のなさが漂ってしまうと敬遠されてしまいます。

もちろん、だからと言ってお化粧を一切せずに面接に行くのも非常識です。
化粧っ気がなく髪もボサボサのままではすぐに「お帰りください」と言われるのがオチです。

高級クラブは接客の場であり、ホステスは大事な商品です。
商品としてお客様の前に出てもおかしくない身なりや髪形、メイクで面接に臨むべきですね。

お店に実際に出るわけではないので和服姿やドレス姿で髪型もしっかり決める必要はありませんが、最低限メイクは必要ですしヘアスタイルを整えるのは絶対です。

面接の経験がなくどのようなヘアメイクで臨めばいいのか分からない方は、美容室で髪を整えてもらう方が安心です。
何もしないまま面接を受けるよりはずっと良いでしょう。

あくまでも高級クラブの面接なので、派手過ぎずフォーマル感を出す方が面接官の受ける印象も良くなります。

面接のポイント
キャバクラだと派手な方が面接に受かるという話もありますが高級クラブの面接では落ち着いた雰囲気で臨みましょう。

自分のスタイルが活きる服装をする

もし美脚が自慢であれば、恥ずかしいかもしれませんがミニスカートやミニのワンピースを着用して面接を受ける方が美しさをアピール出来ます。

折角綺麗な脚なのに、パンツスタイルで隠れてしまうようでは勿体ない話です。
ショートパンツで面接に来る女の子もいるそうですが、美脚をアピールしたいならショートパンツもありですね。

ウエストが細いのが自慢であれば、くびれが良く分かるワンピースが良いかもしれません。
わたしは面接でミニ丈のワンピースを着用しましたが、特に「その服装は良くないね」というような指摘は受けませんでしたし、出来るだけボディラインが分かるように体にフィットするデザインにしました。

ゴスロリ系やパンク系の個性的な服装は、入店後にスタッフを「この女の子は他のホステスとちゃんと足並み揃えてやっていけるのか?」と不安にさせてしまうので避けた方が無難。

面接のポイント
高級クラブでは女性らしさが求められるのでキレイ目ワンピースやスーツが無難。

言葉遣いにも注意

港区や六本木エリアの高級クラブには社会的ステータスの高いお客様がたくさんお見えになります。
そのため、お客様に乱暴な言葉遣いをするホステスは必要とされていません。
言葉遣いが乱暴だと行動も粗雑な傾向にあり、お客様からの評判も良くないのが実状です。

そのため面接ではルックスは当然の事、立ち居振る舞いや言葉遣いもしっかりチェックされています。
面接の段階で完璧な尊敬語や謙譲語を話す必要はありませんが、言葉遣いは出来るだけ上品に、落ち着きを見せる事が大切です。

心配な方は面接の前に謙譲語だけでも勉強しておくのがお薦めですが、日頃から乱暴な言葉を使っていると面接でも「飯を食う」とか「腹が痛い」などの品のない言葉遣いをしてしまいます。
付け焼刃のマナーでは地金が見えてしまいますので、高級クラブでの勤務を希望しているなら日頃から言葉遣いには気を付けておきましょう。

姿勢にも意識して

面接中は姿勢もしっかり意識してください。
どんなに綺麗な女性でも、猫背でガニ股、歩く足音に妙な重量感があると女性らしさが感じられず指名に結び付きません。
特に猫背の女性はどこか貧乏くささを感じさせ、一緒にいると何となくどんよりした気分になります。

お客様に不快な思いをさせないように、また自身の魅力を引き出すためにも背筋はシャンと伸ばして目線は前に
脚を組んで面接を受けると、どこかふてぶてしさを感じさせるので止めておきましょう。

面接のポイント
「自分がどう見られているか」を意識して、どこからどう見られても恥ずかしくないように心掛けましょう。

ホステスってどれくらい給料をもらえるの?

ホステスの給料って時給?日給?

ホステスが受け取る報酬は時給なのでしょうか?それとも日給?

実はお店によって違いがあります。
一般的なナイトワーク求人サイトでは「時給5,000円」と時給で募集されている所が多く、最近は大手有名高級クラブも時給での募集が多くなっています。

ところが中には日給でホステスを募集しているお店もあり、その場合は日当約2~3万円前後の条件で募集しているケースが多いようです。

4時間働けば時給約5,000~7,000円になる計算ですね。
これはあくまでもわたしの勤務するお店の場合ですが、ヘルプのホステスの場合には時給が約7,000円となっています。

もし月に12日、4時間働くと月給は約33万円です。
かなり高い報酬ですよね。

一般的には銀座のホステスの月給は約25~40万円と言われていますが、それほど現実からズレてはいないと思います。
一般企業のOLですと月に30万円、40万円稼ぐ事は難しいですから、銀座や六本木の高級クラブのホステスは高い報酬が得られる仕事なのです。

高い報酬を求めて地方から上京する女の子が後を絶ちませんが、地方OLの年収レベルを考えると納得出来ますね。

売り上げ嬢とヘルプ嬢でもらえるお金がちがう

高級クラブにはヒエラルギーが存在します。
まずお店のトップに立つのがママ。
そして次がチーママ。

さらにその下に係のホステスが存在し一番下にヘルプのホステスがいます。
新人ホステスはまずヘルプのホステスとなり、お酒の作り方や接客を学ぶ、いわゆる下積みから始まります。

ヘルプのホステスが次に目指すのが係のホステス。
何人かのお客様の担当ホステスになれば、担当ホステスが休んでいてもお客様がお店でボトルを下せばボトルバックが入りますし、売上の一部がバックされます。

そのためヘルプのホステスよりも時給や日給が高くなるのが自然で、お店の格式やホステスの人気度にもよりますが時給2万円を稼いでいる方もいるそうです。

時給2万円となると月に100万円以上の報酬を手にしている事になりますね。
ヘルプのホステスの月給が約25~40万円ですから、係になるとその2~4倍の報酬が得られるわけです。

そのためヘルプのホステスは何とか売上を伸ばして係のホステスに昇格しようと必死です。

係のホステスになるには、やはり純売上で毎月どれくらいお店に貢献出来ているかが問われます。
ヘルプのホステスでもお客様と仲良くなり同伴出勤すれば「同伴ノルマ」がクリア出来ますし、指名されれば指名バック(指名された事による報奨金)ももらえるので、少しでも営業成績を上げてママや店舗スタッフに認めてもらわなければなりません。

もし売り上げが月に40~50万円上がるようになれば係のホステスに昇格出来る可能性が高まります。
売上を持っているホステスはやはり強いですし、お店としても手放したくはありません。
「ヘルプのホステスだから、その日の日当がもらえればそれで良い」では長続きしないのです。

お客さんによってはチップをもらえることもある!

わたしの勤務するお店では、お客様によってはチップが頂ける事もあります。
小さな袋に一万円札を入れてあらかじめ用意してくださる方もいますし、その場でサッとお財布からお金を抜き出して、さり気なく「これ、取っといて」と爽やかな笑顔で渡してくださる方も。

ホステスの事を本当に考えてくださる方は、札束で女の子の顔をひっぱたくような下品な真似は決してしません。
ホステス全員にチップを弾んでくださったりプレゼントを渡して下さったりと、細かい所まで気を遣ってくださるお客様とは、長くお付き合いさせて頂きたいと感じます。

高級クラブのホステスになりたい人の為の求人の探し方

ホステスの求人の探し方

高級クラブのホステスとして仕事をしたいなら、まずは求人情報を探さなければなりません。
効率的に求人情報を探したいなら、googleしごと検索などネットを使ってピンポイントで探す方法や、ナイトワーク専門の求人サイトを使うのが効果的です。

このページではハローワークではなかなか求人が見つからない、ホステス求人の探し方についてまとめています。

働きたいお店の公式サイトから応募する

「このお店で働きたい」と思える店舗があるなら、一番確実なのがお店のホームペ-ジから直接店舗に求人応募する方法です。

この方法はかなり確実で、個人的にお薦め出来ます。
お店のホームペ-ジがきちんと存在しているかどうかを直接確認出来る点も良いですね。

長い歴史や信用のある有名高級クラブは専用のサイトがありますが、オープンから数か月程度の高級クラブではリクルートサイトどころか店舗のホームペ-ジ自体がしっかり整備されていないなんて事も珍しくありません。

きちんと営業しようと思えばホームペ-ジは不可欠なので、まず気になるお店があればホームペ-ジの有無を事前にチェックしてください。

働きたいお店の公式サイトを通して応募すれば担当者と直接面接交渉が出来ますので、まずはお店の担当者の態度をチェックしてくださいね。
採用担当者がまともに挨拶も出来ない、命令口調で言い方が冷たい、予定を忘れているようなレベルだと、どれだけ有名なお店でも大した事はありません。

公式サイトを選ぶメリット
入店祝いのボーナスがもらえたり面接時の交通費が支給される事がある。

スカウトを通すとスカウト側にお店から紹介料が支払われ、女の子には全くバックされないケースもあるの店舗に直接応募がお得です。

高級クラブで働いてる知人から紹介してもらう

この方法はこれから上京しようとする方には難しいのですが、高級クラブで働いている知人や友人からお店を紹介してもらう方法もあります。

クラブやキャバクラなどで働き始めるようになると、周囲にいる女の子は何かしら業界との関わりがあります。
働いているうちに「実は以前、銀座の〇〇というお店で働いていたけど、良く考えるとあのお店が一番報酬が高かったわ」「六本木の〇〇はノルマが厳しいのよね」と色んな情報が耳に入ります。

他のお店に移店した女の子から連絡があり「今、銀座の〇〇というお店で働いているの。一緒に働いてみない?」と誘われる事もあります。

知人や友人をお店に誘うと、お店から紹介料という名目で一時金がもらえるため「この子は行けるかも」と思える女の子を女の子が引き抜くわけですね。
お店によっては引き抜かれた女の子にも一時金が支払われる事もあります。

知人にお店を紹介してもらう方法のデメリット
思ったようなお店でなかった場合「引き抜いた友人の手前、なかなか辞めにくい」という状況になる。

条件の良いお店から声が掛かったのはラッキーかもしれませんが、いきなり移店するのではなく、お店の評判をネットや人づてにチェックしたり、体験入店でお店の雰囲気や客層をしっかり確認した上で移店するかどうかを判断してください。

ナイトワーク専門のサイトから応募する

一番効率的にホステス求人を探したいなら、ナイトワーク専門の求人サイトから応募する事です。
ナイトワーク専門の求人サイトはナイトワーク以外の求人がないため検索しやすいですし、店内写真や実際に働いているホステスの写真やHP情報なども公開されています。

ホステスの生の声やお店の特徴などが分かりやすくまとめられているので、比較検討しやすいのも特徴です。

ナイトワーク専門サイトの中には、サイト上に掲示された時給と実際にもらった時給が違う、顧客から無理やり体を触られたのにスタッフが無視した、高給クラブの仕事と思って面接に行ったら風俗店だったなどのトラブルにきちんと対応してくれる所もあります。

しっかりした求人サイトは、あらかじめお店の担当者と仕事の内容について確認しているので、変なお店が紛れ込んでいる事は殆どないようですね。

後々の事を考えると、出来るだけトラブル対応までしっかり行う求人サイトを利用すると良いですね。

求人サイトを選ぶメリット
・求人掲載数が多い
・悪徳なお店に当たることはほとんど無い
・様々な求人情報を比較しやすい
・効率がいい
・余計なしがらみが無い