高級クラブの面接時のヘアメイクは派手すぎず上品さを感じる程度に

高級クラブの面接は、やはり上品さが大切です。
もちろんルックスは良いに越した事はありませんが、いくらモデル並みの美貌を誇る女性であっても、メイクが濃くて髪の色が派手、タトゥーが腕から見えるなど品のなさが漂ってしまうと敬遠されてしまいます。

もちろん、だからと言ってお化粧を一切せずに面接に行くのも非常識です。
化粧っ気がなく髪もボサボサのままではすぐに「お帰りください」と言われるのがオチです。

高級クラブは接客の場であり、ホステスは大事な商品です。
商品としてお客様の前に出てもおかしくない身なりや髪形、メイクで面接に臨むべきですね。

お店に実際に出るわけではないので和服姿やドレス姿で髪型もしっかり決める必要はありませんが、最低限メイクは必要ですしヘアスタイルを整えるのは絶対です。

面接の経験がなくどのようなヘアメイクで臨めばいいのか分からない方は、美容室で髪を整えてもらう方が安心です。
何もしないまま面接を受けるよりはずっと良いでしょう。

あくまでも高級クラブの面接なので、派手過ぎずフォーマル感を出す方が面接官の受ける印象も良くなります。

面接のポイント
キャバクラだと派手な方が面接に受かるという話もありますが高級クラブの面接では落ち着いた雰囲気で臨みましょう。

自分のスタイルが活きる服装をする

もし美脚が自慢であれば、恥ずかしいかもしれませんがミニスカートやミニのワンピースを着用して面接を受ける方が美しさをアピール出来ます。

折角綺麗な脚なのに、パンツスタイルで隠れてしまうようでは勿体ない話です。
ショートパンツで面接に来る女の子もいるそうですが、美脚をアピールしたいならショートパンツもありですね。

ウエストが細いのが自慢であれば、くびれが良く分かるワンピースが良いかもしれません。
わたしは面接でミニ丈のワンピースを着用しましたが、特に「その服装は良くないね」というような指摘は受けませんでしたし、出来るだけボディラインが分かるように体にフィットするデザインにしました。

ゴスロリ系やパンク系の個性的な服装は、入店後にスタッフを「この女の子は他のホステスとちゃんと足並み揃えてやっていけるのか?」と不安にさせてしまうので避けた方が無難。

面接のポイント
高級クラブでは女性らしさが求められるのでキレイ目ワンピースやスーツが無難。

言葉遣いにも注意

港区や六本木エリアの高級クラブには社会的ステータスの高いお客様がたくさんお見えになります。
そのため、お客様に乱暴な言葉遣いをするホステスは必要とされていません。
言葉遣いが乱暴だと行動も粗雑な傾向にあり、お客様からの評判も良くないのが実状です。

そのため面接ではルックスは当然の事、立ち居振る舞いや言葉遣いもしっかりチェックされています。
面接の段階で完璧な尊敬語や謙譲語を話す必要はありませんが、言葉遣いは出来るだけ上品に、落ち着きを見せる事が大切です。

心配な方は面接の前に謙譲語だけでも勉強しておくのがお薦めですが、日頃から乱暴な言葉を使っていると面接でも「飯を食う」とか「腹が痛い」などの品のない言葉遣いをしてしまいます。
付け焼刃のマナーでは地金が見えてしまいますので、高級クラブでの勤務を希望しているなら日頃から言葉遣いには気を付けておきましょう。

姿勢にも意識して

面接中は姿勢もしっかり意識してください。
どんなに綺麗な女性でも、猫背でガニ股、歩く足音に妙な重量感があると女性らしさが感じられず指名に結び付きません。
特に猫背の女性はどこか貧乏くささを感じさせ、一緒にいると何となくどんよりした気分になります。

お客様に不快な思いをさせないように、また自身の魅力を引き出すためにも背筋はシャンと伸ばして目線は前に
脚を組んで面接を受けると、どこかふてぶてしさを感じさせるので止めておきましょう。

面接のポイント
「自分がどう見られているか」を意識して、どこからどう見られても恥ずかしくないように心掛けましょう。

この記事もおすすめ