ホステスの給料って時給?日給?

ホステスが受け取る報酬は時給なのでしょうか?それとも日給?

実はお店によって違いがあります。
一般的なナイトワーク求人サイトでは「時給5,000円」と時給で募集されている所が多く、最近は大手有名高級クラブも時給での募集が多くなっています。

ところが中には日給でホステスを募集しているお店もあり、その場合は日当約2~3万円前後の条件で募集しているケースが多いようです。

4時間働けば時給約5,000~7,000円になる計算ですね。
これはあくまでもわたしの勤務するお店の場合ですが、ヘルプのホステスの場合には時給が約7,000円となっています。

もし月に12日、4時間働くと月給は約33万円です。
かなり高い報酬ですよね。

一般的には銀座のホステスの月給は約25~40万円と言われていますが、それほど現実からズレてはいないと思います。
一般企業のOLですと月に30万円、40万円稼ぐ事は難しいですから、銀座や六本木の高級クラブのホステスは高い報酬が得られる仕事なのです。

高い報酬を求めて地方から上京する女の子が後を絶ちませんが、地方OLの年収レベルを考えると納得出来ますね。

売り上げ嬢とヘルプ嬢でもらえるお金がちがう

高級クラブにはヒエラルギーが存在します。
まずお店のトップに立つのがママ。
そして次がチーママ。

さらにその下に係のホステスが存在し一番下にヘルプのホステスがいます。
新人ホステスはまずヘルプのホステスとなり、お酒の作り方や接客を学ぶ、いわゆる下積みから始まります。

ヘルプのホステスが次に目指すのが係のホステス。
何人かのお客様の担当ホステスになれば、担当ホステスが休んでいてもお客様がお店でボトルを下せばボトルバックが入りますし、売上の一部がバックされます。

そのためヘルプのホステスよりも時給や日給が高くなるのが自然で、お店の格式やホステスの人気度にもよりますが時給2万円を稼いでいる方もいるそうです。

時給2万円となると月に100万円以上の報酬を手にしている事になりますね。
ヘルプのホステスの月給が約25~40万円ですから、係になるとその2~4倍の報酬が得られるわけです。

そのためヘルプのホステスは何とか売上を伸ばして係のホステスに昇格しようと必死です。

係のホステスになるには、やはり純売上で毎月どれくらいお店に貢献出来ているかが問われます。
ヘルプのホステスでもお客様と仲良くなり同伴出勤すれば「同伴ノルマ」がクリア出来ますし、指名されれば指名バック(指名された事による報奨金)ももらえるので、少しでも営業成績を上げてママや店舗スタッフに認めてもらわなければなりません。

もし売り上げが月に40~50万円上がるようになれば係のホステスに昇格出来る可能性が高まります。
売上を持っているホステスはやはり強いですし、お店としても手放したくはありません。
「ヘルプのホステスだから、その日の日当がもらえればそれで良い」では長続きしないのです。

お客さんによってはチップをもらえることもある!

わたしの勤務するお店では、お客様によってはチップが頂ける事もあります。
小さな袋に一万円札を入れてあらかじめ用意してくださる方もいますし、その場でサッとお財布からお金を抜き出して、さり気なく「これ、取っといて」と爽やかな笑顔で渡してくださる方も。

ホステスの事を本当に考えてくださる方は、札束で女の子の顔をひっぱたくような下品な真似は決してしません。
ホステス全員にチップを弾んでくださったりプレゼントを渡して下さったりと、細かい所まで気を遣ってくださるお客様とは、長くお付き合いさせて頂きたいと感じます。

この記事もおすすめ