ホステスがお客さんとアフターする時のポイントと注意点

アフターのポイント:待ち合わせ時間や場所は自分で決める

これは六本木の高級クラブだけではなくキャバクラにも同じ事が言えるようですが、アフターと呼ばれる営業があります。

お店がクローズした後はホステスもお客様も素直に帰宅するように思えますが、実はそうではありません。
時にはお客様とホステスが場所を変えて一緒に食事をしたりお酒を飲む事があります。

「閉店後になぜお客様と付き合わないといけないの?」と思ってしまいますが、特に普段からご贔屓にして頂いている太客や「今後、良いお客様になってくれそうな方」などは、営業時間外(閉店後)にお客様と一緒にお酒を飲んだり食事にお付き合いする事があるのです。

ホステスの世界の時間外労働(残業)のようなもの。
ただし割り増し時給は一切支払われません。

「何だか損」と思うホステスも多く、中には「絶対にアフターには行きません」と言う方もいます。
けれどアフターで一緒に過ごしたお客様は、その後、特に贔屓にして下さる可能性がアップするのも事実。
残業してでもお付き合いしたいお客様もいる、という事です。

CHECK
待ち合わせ場所や時間はホステス主導で決めること。

もしお客様主導で決めてしまうと、お店から遠い場所を指定される可能性もあります。
下手をするとアフターが終わって帰宅したら明け方になっていた……という事もありますので、必ずお客様と会うお店の場所や時間はホステスが決めてください。

アフターのポイント:お店から近いところを選ぶ

アフターは出来るだけお店から近い場所を選ぶのが無難です。
もしお店から遠い場所を選んでしまうと、移動するまでに時間が掛かってしまいお客様との交流のために時間が取れなくなってしまいます。

いつも似たようなお店では飽きてしまうように思えますが、そこはホステスの話術でカバー。
大切なのは高級店でお酒を飲んだり食事をする事ではなく、お客様とホステスとの交流です。

今後もお店やホステスを贔屓にして頂けるよう、しっかり営業します。
ホステスの中にはアフターでお客様とお喋りするのが大好き、と言う子もいますが、あまりにもアフターにお付き合いしすぎると、今度はお客様がホステスと店外で会おうとしてきます。

お客様としては高い料金を払ってお店でホステスと飲むよりも、安い食事代でホステスと会話が楽しめる方が「お得」なのです。
ホステスは自分を安売りしないためにも、毎回色んなお客様のアフターに際限なく応じるのではなく、相手を見極める必要がありそうですね。

高級クラブの場合は、ママや係のホステスから「今日は〇〇様とアフターをお願いします」「今日はこのまま帰って良いですよ」と指示される事も多いです。

ヘルプの女の子はお客様との会話の内容を係のホステスに連絡しなければならないので「〇〇様からアフターの申し込みがありました」とすぐに報告してください。

もしOKが出ればどのお店を使えばいいのか、何時頃から何時頃までお付き合いすればいいのかなどの細かい指示が出ます。
場合によってはママや係のホステス同伴でアフターにお付き合いする、という事も有り得ます。

ヘルプのうちは自分の個人的な判断を優先しないようにしましょう。
高級クラブは連係プレーが基本です。

CHECK
アフターはただお客さんと美味しいご飯を食べる場ではなくお客様と交流しながらしっかり営業する場です。
他のホステスやママと連携しながらアフターをする事が基本。

注意点:個室や車など2人きりになるところは避ける

もしもお客様と2人きりでアフターを楽しむなら、まず2人きりになる場所は避けてください。
例えば以下のような場所は危険です。

・カラオケボックスの中
・車の中
・人目が届きにくい個室形式の飲食店
・暗い高架下

 

車は移動手段として「一緒に乗らないか?」と誘われる事もありますが、絶対に同乗しないでください。
どこに連れて行かれるかわかりません。

高級クラブのお客様ですからわけの分からない事はしないと思われますが、相手は男性ですので隙を見せると危険です。

ホステスと言っても一人の女性。
まずは自分の身を守る事が重要です。

CHECK
どんなになじみのお客様でも、相手が男性な限り何が起こるかわからないことを肝に銘じましょう。